痩身エステでのセルライト除去は、専用のマシンを使用したり、エステティシャンが自身の手でマッサージをしてくれるものになるのですが、このセルライト除去には一つの欠点があります。それは、必ず痛みを生じてしまうということです。セルライトを除去するためには、まず何よりもセルライトを柔らかくして、他の脂肪と同じように燃焼されやすい物にしてしまわなくてはならないのですが、セルライトは硬くなり易く、揉み解して柔らかくするにはかなりの力を要する場合もあります。そのために、予想以上の痛みを感じてしまうようなことがあるのです。

ただ、この痛みはセルライトを除去していることを的確に表してくれる一つの指標でもあります。痛まなくては意味がないのですが、ここで注意点として、あまりにも痛みを生じてしまう場合は、あまり我慢をしないようにすることが挙げられます。

体のどこかが痛むと、ついつい力を入れてしまうのが人間の体の正常な反応と言うものです。そうやって我慢をすると、痩身エステで柔らかくなるセルライトも一緒に固くなってしまい、効果が半減してしまうと言われています。ですので、もしもあまりにも施術が痛いのであれば、もうちょっと優しくしてほしいということをエステティシャンに伝えてあげましょう。